バーチャルオフィスって何?

VR技術の発展など、昨今の世の中では「バーチャル」というものが何かと取り沙汰されています。バーチャルというのは元々「仮想」という意味があるものですが、今、意外なものがバーチャルになっているのをご存知でしょうか。それはオフィスです。ここではバーチャルオフィスがどのようなものなのか紹介します。

バーチャルオフィスというのは、名前の通り仮想のオフィスのことです。つまり、実際に利用することができるオフィスがあるわけではないのです。これは、起業して事業を行う場合に必要となる要素だけを揃え、提供してくれるサービスということになります。では、起業をする場合にはどのような物が必要となるのでしょうか。

まず必要になるのが住所です。事業所の住所がなければ、起業を行うことは出来ません。さらにこれに加えて、利用可能な電話番号も必要となります。この2つがあれば、簡単な起業であれば問題なく行うことができます。しかし、実際にこれらの事務所をレンタルし、電話を契約するとなると、ランニングコストも大きくなります。収益を得るのが難しい初期の事業では、これらを支払うことが難しく、赤字になってしまう可能性も十分あります。

その点、バーチャルオフィスは比較的安価に利用することができるため、コスト面での心配を減らすことができるのがメリットです。今回はバーチャルオフィスのサービス内容や、メリット・デメリットについてより具体的に紹介します。