メリット・デメリット

それではまず、バーチャルオフィスの持っているメリット・デメリットとしてどのようなものがあるのかを紹介します。まず大きなメリットとして挙げることができるのが、そのコストの安さです。レンタルオフィスをレンタルする場合には保証金や敷金などのお金が必要となるため、初期費用だけでも数万円のコストがかかります。これに対して、バーチャルオフィスは敷金や保証金などが発生しないため、初期費用も安価です。

さらに、バーチャルオフィスの場合には都内の中心地などを住所として設定することができます。取引先に対して住所を教える必要が有る場合に、信用の証とすることができるでしょう。

ただし、デメリットも存在しています。架空住所での事業となるため、法人銀行口座については開設を断られてしまう可能性も高くなります。さらに、社会保険や雇用保険などの申請も行いにくくなってしまいます。この他にも、許認可の取得ができない点や、創業融資が利用できない点など、デメリットも少なくはありません。これらのデメリット部分の内容が不可欠な場合には利用を十分に検討しなければなりません。

それぞれを天秤にかけて、起業においてバーチャルオフィスを利用するか、他の方法をとるのかを検討するのが良いでしょう。